活動内容

 1. 祈り、印、マンダラの普及活動

・ 祈り(世界平和の祈り)
・ 印(いん)(「我即神也(われそくかみなり)の印」、「人類即神也(じんるいそくかみなり)の印」)
・ マンダラ(宇宙神マンダラ、地球世界感謝マンダラ、光明思想マンダラ)
という3つの方法を、国内はもとより海外に普及しています。
そのために、各地でボランティアによる各種のワークショップが開かれています。

国内各地のワークショップ案内>光のネットワークへ

 2. 10万人の神人(しんじん)づくりを目指して

神人とは、真理に目覚めた人(自分も人も本質は神であると自覚し、神の無限性を言葉と想念と行為にあらわすことが出来るようになった人、または、そうなるよう努めている人)であり、又、宇宙神の光を自らの心身に受け、地球上に放つことが出来る人です。
神人10万人を目指して、1999年に神人養成プロジェクトがはじまりました。

神人養成プロジェクトについて

 3. 行事のご案内

富士聖地や各地で、各種の行事を開催しています。

富士聖地の行事
定時(9時・10時・15時)の祈り ・ お浄めとご相談 ・ SOPP〜世界平和交響曲〜 ・ 五井先生感謝祭 ・ 宇宙究極の光を降ろす行事 ・ 七つの場 ・ みそぎの会 ・ 世界平和の祈りと印による集い ・ 新ピラミッド神事(参加資格、課題あり) ・ 新年祝賀祭(参加資格あり) ・ 7月大行事(参加資格あり) ・ 地球黎明祭(参加資格あり)

各地の行事
宇宙究極の光を降ろす行事 ・ 講演会 ・ 錬成会(不定期) ・ お浄めとご相談(不定期) ・ 座談会(不定期)

開催日時や参加条件などの詳細は行事案内をご覧ください。

 4. 支部・集会が主催する行事

全国各地、海外に、ボランティアで運営されている支部・集会があります。
定期的に教えを学び、実践し、世界平和実現のための諸行事を行なっています。

支部・集会案内について

5. 各種メディアの制作と頒布

本会の教えと方法を普及するために、機関誌および各種の刊行物、カセットテープ、DVD、ビデオ、CDなどを頒布しています。
・ 雑誌(月刊・機関誌「白光」、英文雑誌「BYAKKO」)
・ 月刊新聞「世界平和の祈り」、単行本、文庫本、冊子、パンフレットなど
・ カセットテープ、DVD、ビデオ、CD
・ ピースグッズ

頒布品案内について
書籍案内 > 白光出版ホームページ


白光真宏会について

TOP