五井昌久 フォトギャラリー

本会と公益財団法人 合気会の関係

1958年、五井先生と合気道の創始者・植芝盛平翁が出会ったことにより、本会の会員の中にも、合気道を学ぼうという気運が高まり、白光青年合気道同好会が発足した。
週1回、子供と大人クラスの稽古を続け、毎年、日本武道館で開催される演武会(合気会主催)にも白光真宏会合気道場として出場している。
1999年、聖ケ丘道場の閉館にともない、その活動は一時、休止したが、現在は、有志が、富士聖地にある仮道場で、稽古を行なっている。

参考文献:pdfファイルでご覧いただけます。

  1. 合気道と宗教.pdf
  2. 神の化身 ~ 植芝盛平翁を讚う.pdf
  3. 植芝盛平翁の昇天.pdf
    pdfファイルについて>ヘルプ

参考図書:『武産合気』高橋英雄編著>白光出版ホームページ

 

創始者・会長

TOP