地球世界感謝行

自然を癒し、蘇らせる感謝の言葉

地球世界感謝行は、1992年に始められました。この行は、地球の大地や海や山、動植物に対して、真に感謝の祈りを捧げるものです。地球世界を司る神々様に対し、人類を代表して感謝の祈りを捧げます。
この地球世界感謝行を行なうことにより、地球世界の万物、生きとし生けるものに、癒しのエネルギーが伝わります。そして、津波、地震、火山の爆発などの天変地異や、飢餓、疫病の蔓延、水の汚染などを未然に防いだり、最小限に食い止めることが出来、地球そのものが、本来の大調和した姿に蘇ってゆきます。

hp_kansha

地球世界感謝行とは、日常の中で接する自然や、動植物に対して意識的に感謝の言葉を唱えることです。本会では12項目(海、大地、山、食物、肉体、水、植物、動物、鉱物、天象、空気、太陽)を対象に感謝の言葉を唱える行を行なっております。例えば、水への感謝は次のとおりです。
12項目すべての感謝行の言葉をご覧になるには、ページ下にあるPDFファイルをダウンロードして下さい。

underwaterlight水への感謝

人類を代表して、水を司る神々様に感謝申し上げます。
水さん、ありがとうございます。
我々は、あなた様なくして生きてゆかれません。
なのに人間のエゴによって、あなた様を汚している愚かさをどうぞお許しください。
我々はあなた様の存在、あなた様のお働きに深く深く感謝申し上げます。
世界人類が平和でありますように
お水さん、有難うございます。
水の天命が完うされますように




kansha02
印による地球世界感謝行

印による地球世界感謝行は、2001年より始まりました。
これは、印を使って、地球世界感謝行を行なう行です。印とは、宇宙のエネルギーを自分の肉体に取り入れ、それを周囲に放ってゆく方法です。
印を用いて地球世界感謝行を行なうと、そのエネルギーは、宇宙の「形の場」に蓄積されてゆきます。そして、そのエネルギーが、大地、海、山、川、空気、動植物等に行き渡り、その本来の生命力を蘇らせてゆきます。
詳しくは、下の図解(PDFファイル)をご覧ください。



地球世界感謝行-12項目.pdf
印による地球世界感謝行の図.pdf
PDFファイルについて >ヘルプ

実践行

TOP