運営・沿革

運営

白光真宏会は、富士聖地(静岡県富士宮市の朝霧高原の一角)にあります。
本会の事務機構としては、「伝道グループ」と「総務グループ」の2部門があり、本会の活動を円滑に推進するために、それぞれの業務を分担しています。
全国各地、海外には、支部・集会があり、ボランティアによって自主運営されています。 また、海外には、各地に白光サテライト(維持会員が代表を務めるグループ)があります。

会のメンバーには、本会の維持発展のために、会費を納入してくださる維持会員がいます。また、維持会員の中で、所定の養成課程を修了した人は、講師として活躍しています。

会の財政は、維持会費、寄付金等により維持されています。

沿革

白光真宏会の草創期
創始者 五井昌久先生は、第2次世界大戦後、宗教活動を始めました。明るく気さくな人柄で、人生の様々な問題に対して、霊覚による適切な指導をする五井先生のもとには、毎日、相談やお浄めを受けるために多くの人々が集まりました。やがて、五井先生を師と仰ぐ人々によって、五井先生鑽仰会が発足し、白光真宏会に発展しました。

白光真宏会の発展期
1980年、五井先生が帰神(逝去)した後は、西園寺昌美現会長が後継者として、祈りによる世界平和運動を、世界的規模で発展させ、今日に至っています。
また、西園寺会長は、印、マンダラを提唱し、神人養成プロジェクトを始めました。

1949年 五井昌久先生が神我一体を経験し、覚者となる。
1951年 五井先生を師と仰ぐ人々によって、五井先生鑽仰会が発足。
千葉県市川市新田に新田道場が開設される。
1953年 『神と人間』(五井昌久著)が刊行される。
1955年 五井先生鑽仰会が宗教法人として認可される。(翌年、白光真宏会と改称)
五井先生が世界平和の祈りを提唱し、祈りによる世界平和運動が始まる。
1958年 千葉県市川市中国分に「聖ヶ丘道場」が開設される。
1962年 宇宙子科学(宇宙子波動生命物理学)の研究が始まる。
1964年 平和ポスター(ピースステッカー)の貼付活動が始まる。〈注1〉
1965年 霊性開発のための「錬成会」が始まる。
1971年 「聖ヶ丘みたままつり」が始まる。(のちに「歴史の浄め祭」へと発展)
1972年 白光真宏会の本部が新田道場から聖ヶ丘道場へ移る。
1976年 世界平和祈願柱(ピースポール)の建立活動が始まる。〈注2〉
1980年 五井先生が帰神(逝去)、西園寺昌美現会長が後継者となる。
静岡県富士宮市の朝霧高原に富士道場(現・富士聖地)が開設される。
富士道場で「みそぎの会」が始まる。
1983年 聖ヶ丘道場で「世界各国の平和を祈る行事」が始まる。
富士道場で世界各国の平和を祈る「富士野外道場特別統一会」(現・五月大行事)始まる。
1988年 祈りによる世界平和運動は、米国ニューヨーク市で設立されたワールド・ピース・プレヤー・ソサエティに移管された。
1992年 光明思想徹底行、地球世界感謝行が始まる。
1994年 西園寺昌美会長が我即神也の印を提唱する。
1996年 西園寺昌美会長が人類即神也の印を提唱する。
1997年 印による世界各国の平和を祈る行事が始まる。
1998年 白光真宏会の本部が聖ヶ丘道場から富士聖地へ移る。
富士聖地において「新年祝賀祭」(前身は元旦祝賀統一会)、「7月大行事」、「歴史の浄め祭」が始まる。
1999年 富士聖地において「ピラミッド神事」、「五井先生感謝祭」(前身は五井先生ご降誕感謝祭)が始まる。
聖ヶ丘道場が閉場。
西園寺昌美会長が宇宙神マンダラを提唱し、神人養成プロジェクトが始まる。
また、地球世界感謝マンダラ、光明思想マンダラを提唱する。
2001年 印による地球世界感謝行、印による光明思想徹底行が始まる
2003年 西園寺昌美会長が呼吸法をともなった我即神也・成就・人類即神也の唱名(呼吸法による唱名)を提唱する。
2004年 地球人類大浄化の年にあたり、呼吸法による唱名の神事が行なわれる。
2005年 「SOPP」(世界平和交響曲—宗教・宗派を超えて、共に世界の平和を祈る)が始まる。
西園寺昌美会長が「呼吸法による人類即神也の印」を提唱する。
2006年 「地球黎明祭」(旧歴史の浄め祭)始まる。
2007年 「呼吸法の印による世界各国の平和の祈りの行事」が始まる。
七月大行事も「呼吸法による人類即神也の印」で行なう。
2009年 七月大行事が「果因説による大成就の共磁場を創り上げる行事」となる。この行事の大成功により富士聖地は永遠に四次元の場となる。
2010年 新ピラミッド神事始まる。
2011年 東日本大震災にともない日本人を目覚めさせる神事をはじめ神社神事等が行なわれ日本から真の神性復活が始まる。
西園寺昌美会長が祈りの言霊「すべては完璧、欠けたるものなし、大成就」を提唱する。
2012年 「シフトネットワークの呼びかけに応える祈りの会」が富士聖地で行なわれる。シフトネットワークで「世界各国の平和の祈り」が全世界同時配信される。
2013年 国連本部総会議場において総会議長ら主催による行事、「宗教間の調和を通じた平和の為の結束」でSOPPが開催される。

注1, 2・・・1988年よりワールド・ピース・プレヤー・ソサエティの活動となる。

白光真宏会について

TOP