世界各国の平和の祈り

世界人類が平和でありますように
◯◯国が平和でありますように

私たちは、上の言葉を用い、世界193ヵ国とその他の地域の平和を祈っております。それによって、個々の国や地域に、集中的に私たちの祈りの力・エネルギーが届けられます。
また、ニュースなどで、ある国や地域の事件や事故、紛争などを見聞した場合にも、その国や地域の平和を祈っています。
kakkoku01
印による世界各国の平和の祈り

現在、本部主催の行事では、主に「印による世界各国の平和の祈り」という形で行なわれています。世界各国の人々が真理に目覚め、世界各国が平和になるように、祈りと印(人類即神也の印)を通して、愛と調和と真理の光を送る行事です。

  • まず、人類即神也の印を組みます。
  • 次に、顔の前で如来印の合掌をし、「世界人類が平和でありますように」と唱えながら、顔の前で円を描く印を組みます。
  • そのあと、世界の国々を、一国ずつその国の言語にて「国名・平和」と唱え、続けて日本語で「人類即神也」と唱えたあと「プップッ」と右左に手刀(てがたな)を切ります。
  • 世界の国々すべてが終わった後に「その他のすべての地域」を、同じ要領で行ないます。
  • 「守護霊様ありがとうございます。守護神様ありがとうございます。」と唱えます。
  • 最後に、人類即神也の印を組みます。

印による世界各国の平和の祈りの図解.pdf
世界各国語による世界各国の平和の祈り201906.pdf   (2019年5月版 約4MB)
「各国語の祈り」テキストの変更点
旧「164.スワジランド(Swaziland)」→ 新「57.エスワティニ(Eswatini)」
祈り文は変更ありません。
旧「101.マケドニア(Macedonia)」→ 新「128.北マケドニア(North Macedonia)」
祈り文も変更されました。
なお各国語のテキストは現地語による表記のため、上記変更点は現地語として反映されています。

PDFファイルについて >ヘルプ

kakkoku02

実践行

TOP