呼吸法

呼吸法による唱名(しょうみょう)

2003年1月、西園寺昌美会長により、呼吸法をともなった我即神也・成就・人類即神也の唱名(略して、呼吸法による唱名)が提唱されました。

呼吸は本来、大生命、大宇宙の根源と自分をつなぐ生命のきずなであり、生命の祈りです。この呼吸法によって宇宙生命エネルギーが取り込まれ、自らの神性を目覚めさせ、人類に真理のひびきを伝え、人類を真理に目覚めさせてゆきます。そして宇宙全体の大調和の成就の中で、やがて自らのすべてが調和し、成就してゆきます。

kokyuhou01

行ない方

  1. 息を深く吸いながら、心の中で「我即神也(われそくかみなり)」と唱えます。
  2. 数秒息を止め、心の中で「成就(じょうじゅ)」と宣言します。
  3. 息を静かに吐きながら、心の中で「人類即神也(じんるいそくかみなり)」と唱えます。


「成就」には、世界平和の成就、地球上の生きとし生けるものの大調和の成就、個人の願望(健康、繁栄、調和、成功、幸せ)の成就という意味が含まれています。「成就」と宣言するだけでよいのですが、その時々に「絶対大丈夫」「必ずよくなる」「絶対できる」などの光明思想の言葉を併せて思うこともできます。

呼吸法による唱名は、いつでも、どこでも、自由に行なうことが出来ます。この唱名を繰り返すうちに心が安らかになります。自分を苦悩から解放し、自分の魂、精神、肉体を癒し、調和させてゆくことが出来ます。

実践行

TOP